ふしぎ遊戯四神天地書

誰もがやったことがあると思っていた。
みんな探していると思っていた。「四神天地書」を。

私は図書室が好きで、特に古書のコーナーはなるべく一人で行っていた。
「今日こそ四神天地書があるかもしれない‼」
そんな気持ちを持って、図書室に行っていたのだ。

私の年齢からすると、その漫画が始まったときはまだまだ子供だった。
1992年から連載が始まったらしいから、そうなると私は2歳。
ではなぜ夢中になったのか。

1つ目はアニメの再放送。これに尽きるかもしれない。
2つ目は姉二人の影響だと思う。姉妹で誰が好きか言い合っていたこともある。

「四神天地書」で分かったかもしれないが、私が好きな漫画は渡瀬悠宇さんが書いた「ふしぎ遊戯」。
小さいころ何気なく見ていた「ふしぎ遊戯」だが、中学生になったころ私はまた「ふしぎ遊戯」の虜になった。
今までアニメでしか知らなかった「ふしぎ遊戯」を、初めてしっかり漫画で読んだのだ。

中学3年生の女の子が本(四神天地書)の世界に吸い込まれる。
そしてその本の中で女の子は朱雀の巫女になり、朱雀を召喚するために各地にいる朱雀七星士を集めるために旅に出る…

恐らくその頃、私も中学生だったので、より物語に夢中になっていたのかもしれない。
物語に出てくる朱雀七星士。この人たちがまたかっこいい。

姉とも友人とも誰派かで話題が盛り上がるほど。
もちろん一人一人性格はバラバラで、まぁ顔もイケメンなので…誰と付き合うとか贅沢な悩みをしたものだ。

渡瀬悠宇さんが書く男性は本当に美しい。私のドンピシャなタイプばかり。
それは置いといて…話だけ見ると非現実的。現実には絶対にありえない。
でも私はどこか夢見る少女なのか、いつも図書室に行っては「四神天地書」を探していた。

いつも自分が見ている風景を、違うものにしたかったという気持ちもあったのかもしれない。
今でも「四神天地書」は絶対あると信じている。

「ふしぎ遊戯」は仲間との絆がよく描かれていて、
「誰一人として欠けてはいけないこと。」「この仲間だからこそできること。」というメッセージがものすごくわかる。

そして何より、最初は何もできなかった主人公が色々な困難を乗り越えて、どんどんたくましくなっていく。

何事も逃げてはいけないと教えてくれる。
初めて「ふしぎ遊戯」に出会ってから年月は経ったが、私は今も「ふしぎ遊戯」が大好きで

本屋さんに立ち寄れば、さりげなく「四神天地書」を探している。
ふしぎな世界へ誘う本がどこかにあるかもしれない。

みんなも一回探してみてほしい。