朝井リョウ 作「何者」

最近、朝井リョウという人が書いた「何者」という小説を読みました。

読んでみて就活の厳しさや人間の裏表などをよく知れて面白かったので今回紹介してみようと思います。

「何者」とはどんなストーリーなのか?

主人公は大学生の二宮拓人という男です。

彼は就活の時期を迎えており、同じように就活で苦労している友人たちと協力して就活を成功させようとします。

その友人たちと主人公を含めて5人で就活に向けて協力して対策をするのですが、その友人たちが色々な価値観を持っていて面白い。

今で言う「意識の高い系」などの友人などもおり「就活なんてダサい。俺は独立して自分の道を行く」と斜に構えた男もいたり。

海外のボランティアなどやオリジナルの名刺などを作り、SNSでOBの先輩などにコンタクトを取り必死に自分をアピールする女もいたり。

みな、それぞれの方法で自分の幸せのために「良い人生」を目指して必死になっています。

この本で語られるのは主に就活での話なのですが、それと並行したテーマが「SNS」です。

主人公である拓人は表面上は友人たちと協力して、就活に望んでいるのですが自分も同じように面接対策などを努力しているのに採用がされず、そこで生まれる焦りや嫉妬や劣等感などの感情をSNSでぶち撒けます。

就活と人間関係というものはどこか似ているものがあります。

就活は「良い会社」に入ろうと少しでも自分を良く見せようとしたり、自分にとっては何でもない体験談を大きく見せようと過去の実績を大仰に話します。

人間関係も表面上は良くても、裏では本当の自分(本音)というものを見せず付き合っていくことも多いです。

そんなドロドロとした「本音」もSNSの中では遠慮なく吐き出されます。

主人公、拓人は努力して就活に成功した友人や、自分を少しでも大きく見せようと頑張ってる友人などをTwitterの中で小馬鹿にし続けます。

表面上は就活を成功したことを喜んでいたとしても、裏では劣等感や嫉妬などからそんな自分の中の嫌な本音をTwitterで発散させることしか出来ない、とても嫌な主人公で、そんなリアルにいそうな主人公に私はとても共感しました。

今、就活に苦労している方や過去に就活で苦しんだ方、人間の裏表などに興味のある方にはぜひおすすめしたい小説ですのでお読みください。