色んな本を売りました

今日は本買取について書きます。

手狭になった部屋にある本棚を処分しようと、いらない本と残したい本を分けました。

こういう作業をする時はつい思い出が蘇り、手が止まってしまうことがほとんどです。
今回いらない本と位置付けたのは、二十年以上前の芥川賞をとった本やベストセラーになった本などの大きな単行本、シリーズで集めていた漫画、福祉関係に関する専門書、その他こまごまとした文庫本です。
漫画は一部を除いてあっさり未練が残りませんでした。専門書類も今では情報が古くなっていて役にたちそうにないです。調べたいことはネットでサクッと検索できる時代になりました。どうしても欲しい本だけ買えばいい時代になったのです。

困ったのは大量の単行本。読んでみてそれなりに気に入り、コレクションというほどでなくても手元に置いておきたいものが多かったからです。
購入時のエピソード、読んだ時の感想、若かった私が好んで買った本は今でも充分読み返したくなるものもありました。それでもファンである数人の作家の本を除いて処分に踏み切りました。
文庫本はなるべく頭を空っぽにして直感で残すものを決めました。

大きなボストンバッグに入りきらなかった約六十冊の本たちがブックオフのカウンターに置かれた時には、やっぱり寂しい気分になりました。
古い本ではありますが、少なからず店員さんに嗜好が分かってしまうのも恥ずかしいものです。青春時代を手放すような錯覚も起こりました。

とはいえ、価値のある本などないだろうと思っていましたし、量だけで考えると1000円するかなぁという思いがありました。
状態は日焼けが少々あるもののあまり読み返されもしなかった本が多いので良いほうだと思います。店員さんは「本部が決めているので自分では値段が判断できない。」と言いました。

売り上げは4200円。思ったよりも多くてびっくりです。一冊の専門書にえらくいい値がついていました。
古書回収に出してしまえば手間もかからないのですが、誰かが私の古本を手にするのかと思うとワクワクします。
お決まりのように、手に入ったお金で私は欲しかった詩集を買って帰りました。お金がほしくて売ったのに間違いはないのですが、ブックオフに掘り出し物があるのも知っています。

若い頃は、本にお金を使うことに罪悪感がありませんでした。しかしこのご時世、本当に必要なモノ、本当に欲しいものを見極めて手元に置くことを考えたいと思います。
何も完璧なミニマリストになる必要はありません。上手に古本買取を活用できたらそれが一番いいのではないでしょうか。

ブックオフで古本を売るのもいいですが、本は重いし、査定時間を待つのが嫌だという方もいるでしょう。
そんな方は宅配古本買取を活用するのがおすすめです。

古本買取比較|本を高く売るおすすめ方法を紹介

本を梱包する段ボールを無料で送ってくれたり、本一冊から送料無料の便利な買取業者が紹介されています。