許されない相手との恋「海猫」

本作は、谷村志穂先生の小説です。

昭和の北海道が舞台で、主人公は、ロシアの血を引く女性・薫。

あまりに際立った美貌の彼女は、繊細過ぎる心もあり、孤独な半生を送ってきました。

そんな彼女が嫁いだのは、漁師の邦一。

逞しい身体に豪快な気性、腕利きの漁師である邦一のもとで、薫は初めて、安らぎを見つけたかのように感じますが……。

彼女の心に、いつの間にか夫の弟・広次の存在が少しずつ入り込んでいきます。

やはり漁師でありながら、教会に惹かれ、信仰を持つ広次は、薫に似た繊細な心の持ち主。

豪快な夫が気づかない、薫の心の揺れや寂しさを、いつも掬いとって、さりげなくフォローしてくれます。

広次は、薫に対して疚しい気持ちは一切持っていません。

彼女の姿と心の美しさや、あまりに繊細な性質を尊く思い、騎士のように、いつも薫を影から守ることを決意していたのです。

そして薫もいつの間にか、そんな広次に救われていたことに気付くのでした。

「不倫モノ」は大嫌いだし、肯定する気はありませんが……この作品に関しては、二人がどうしようもなく惹かれ合っていく過程や、お互いじゃないと駄目なことが、丁寧に描写されているので、違和感なく感情移入出来ます。

そして薫がとうとう広次の手を取った時、夫の邦一は激しい怒りをあらわにして……。

なぜ、先に広次と出会わなかったんだろう、と思わずにいられません。

許されない相手との恋、その結末や、さらに先の子供世代の物語を見届けずにいられません。