京極夏彦作『百器徒然袋』

京極夏彦作『百器徒然袋』を読みました。人気シリーズのスピンオフ作品で、榎木津探偵をメインにした短編集です。(京極さんの本は大抵がかなり長いので短編と言ってもやはり長いのですが。)

通常のシリーズよりも短めでお話しの内容もライトな感じで(殺人もない場合あり)読みやすいです。榎木津探偵は相変わらずぶっとんだ人物で、でも悪は許さない勧善懲悪のお話しで謎解きシーンも痛快でした。

これまでのシリーズと違いまるで活劇のようですが、榎木津ファンとしては嬉しい作品です。榎木津探偵は眉目秀麗でケンカも強いとされているうえに、不思議な力を持っているから、というよりも彼の無邪気さが人気の理由だと思います。私以外にも榎木津ファンは多いと思います。

ちなみにこの『百器徒然袋』はコミック化もされています。こちらも面白かったのですが、やはり京極さんの文章でじっくり読んだ方が面白いと思います。正直、京極さんのお話しは結末まであらすじで聞くとあまり面白そうに思えないのですが、本を少しでもめくるともう止められなくなるほど面白いのです。

構成が上手だから、とか文章が上手いからとか理由はいろいろあると思いますが、やはり世界観が確立していて物語の中に入り込みやすいからだと思います。

これまでのシリーズを読んでいなくても『百器徒然袋』は読めますが、せっかくなら

『姑獲鳥の夏』から発刊順に読む事をおすすめします。最近はシリーズの新刊が出ていないのが残念ですが、辛抱強く待てるのは、やはりこのシリーズが魅力的だからだと思います。