ダブルアーツ

古味直志先生による初のジャンプ連載作品であるダブルアーツ。
この作品はトロイと呼ばれる透明になって消えてしまう病気を治療して周る、自らも感染している少女・エルーが、その患者に触れても病気に罹らない少年・キリと出会う事で物語が始まる正統派のファンタジーです。
透明化する末期症状が発症してしまった故にキリと「常に」手を離す事が出来なくなったエルーは、彼と共に、時にガゼルと呼ばれる追手と仲間達と共に戦ったり、時に日常生活の中で困難に悩まされながら過ごしたりしながら旅を始める事になります。
先生が読んだ人が元気づけられたり勇気が出たりしてくれればいいとコメントをしている通り、その正統派の路線の作品は絵柄とマッチして暖かく、多くの人の心に残りました。
第1話の「君のこの手を離さない」という力強いキリの発言はボーイ・ミーツ・ガールの王道を行くもので、その2人の成長していく姿に心打たれた人も多いでしょう。
設定は初の連載作品と言うことでまだまだ荒削りな部分が有るのも否めないですが、色々な個性的な人物の登場。戦う力を培うための特訓。
少しずつ広がっていく世界。
何よりもキリとエルーの関係の変化。
これらの要素にワクワクしながら更新を待つ方々も多かったと思います。
しかし、残念ながらこの作品はジャンプという掲載作品の荒波に揉まれ、打ち切りという形に終わってしまいました。
それでも多くの方が今もまだ続編を望んでおり、復刻もされた事から見ても、人気の高さ、印象の強さがはっきりとしている作品です。
叶う事ならば、また日の目を見てほしい作品で有り、また落ち込んでいる人にこそ勧めたい作品でもあります。
3巻という短さは逆に読みやすさに繋がっていますので、打ち切り作品と侮らずに一度読んでみてもらえると幸いです。