向日葵の咲かない夏を読んで

道尾秀介さんの本が大好きになった一冊です。 冒頭からハテナが浮かぶような文章が続きます。主人公の少年を中心にして、主人公の友達に事件が起こります。 それを解決しようと主人公が奮闘するのですが、何か違和感があります。 ずっともやもやしているようなそんな感覚です。 ハテナが浮かぶ文章も所々続き... Read More