大江健三郎「死者の奢り・飼育」

大江健三郎と言うと、ノーベル賞作家で高尚だとか、ブンガク過ぎてこ難しいとか、そんな印象がありませんか? 確かに大江健三郎は仏文の影響を強く受けているため、文章が長く読みにくい部分があります。 けれども、だからといって読まないのはもったいない。読んでみるとなかなか世俗的で、印象が変わります。... Read More

夢をかなえるゾウ

ふとドラマでもやって話題になっていた夢をかなえるゾウという本読んでみました。 自己啓発本というくくりの本ですが、よくある自己啓発と違いユーモアあるストーリー性になっており、誰にでも読みやすい本になっています。単純に小説として面白い作品なので、一気に読んでしまいました。 この物語はガネーシャ... Read More