村上春樹作『スプートニクの恋人』

先日見た人気クイズ番組『Qさま!!』で、世界に影響を与えた日本人上位25人の堂々第一位がこの本の作者村上春樹氏でした。ノーベル文学賞にも何度もノミネートされています。東大の教授ロバート・キャンベル氏も、すでに日本人作家という枠を超えて、世界の人が「私のために書かれている」とさえ思われている... Read More

京極夏彦作『百器徒然袋』

京極夏彦作『百器徒然袋』を読みました。人気シリーズのスピンオフ作品で、榎木津探偵をメインにした短編集です。(京極さんの本は大抵がかなり長いので短編と言ってもやはり長いのですが。) 通常のシリーズよりも短めでお話しの内容もライトな感じで(殺人もない場合あり)読みやすいです。榎木津探偵は相変わ... Read More

ビブリア古書堂の事件手帖

三上延の小説「ビブリア古書堂の事件手帖」は現在シリーズ6冊まで刊行されています。 ベストセラー小説です。爆発的に売れるのが納得できる、素晴らしい小説です。 私は6冊全部一気に読みました。 一気に読んだということは、最新作の6作目が出た後に読んだということになります。 つまり、一冊目から売れ... Read More

三人の悪ガキが奮闘する『地獄堂霊界通信1』

香月日輪著の『地獄堂霊界通信1』。 この作家は一昨年に亡くなられているのですが、本書は新たに文庫化されたものです。 デビュー作です。児童文学作家なのです。 本書も児童書として刊行されたものが文庫化されたのです。 ですが、私個人的には一般書籍としても十分楽しめる作品だと思います。だからこそ、... Read More