夏目漱石未完の絶筆『明暗』

この本は、長編小説が多い漱石の小説の中でも異例の長さです。 未完の状態で約600頁ですから、書き続けたら裕に1000頁は超えていたのではないかと思います。 この本のストーリーは非常に複雑です。 平凡な幸せそうに見える夫婦が、実はお互いを理解できずに腹の探りあいをしており、それにも関わらず周... Read More